積立保険・貯蓄保険のいろいろ・・・老後資金編

カテゴリ:FPのコラム - お勧めプラン - インフレ対応商品 - 積立保険・年金保険・一時払保険

老後資金の準備は、どの世代であっても重大な関心事であります。

公的年金に対する不信やインフレによる生活費の増加・資産の目減りと
将来の不安は、増えていく一方です。
日本人の平均寿命は世界一であり、60歳で定年退職後の生活は長期にわたります。
特に『低金利』と『インフレ』の問題は、十分考慮しなければなりません。

国は公的年金の上乗せされる年金(国民年金基金・厚生年金基金・共済年金基金)
の他に新しい選択肢として、※1 確定拠出年金制度(日本版401K) を導入しました。

※1 確定拠出年金制度(日本版401K) とは、平成13年10月に公的年金に上乗せされる部分における新たな選択肢として導入された制度です。
導入理由:(1)現行の企業年金制度は中小零細企業や自営業者に十分普及していない。
(2)離転職時の年金資産の持ち運びが十分確保されておらず、労働移動への対応が困難。
企業が導入する企業型と個人が任意で加入する個人型の2種類があり、企業型は企業が掛金を負担し、個人型は個人が掛金を負担し、60歳未満なら加入できます。※ただし、公務員や家事専業者は加入できません。

そこでご紹介するのが、『一時払変額個人年金保険』です。
『年金』『保険』『投資』の3つをまとめた投資型の年金保険と考えてください。

保険料を特別勘定に繰入れ、株式や債券を中心として資産運用し、その運用実績によって将来受取る年金額や解約返戻金額、また死亡給付金額が変動(増減)する個人年金保険です。

運用の成果により高い収益を期待できますが、一方で運用のリスクも発生します。
将来の受取額は、運用成果が上がるほどに増加しますが、運用成果が悪かった場合には、
支払った保険料を下回ることもあります。
※据置(運用)期間中の死亡給付金については、運用実績に関わらず基本給付金額
(一時払保険料と同額)が最低保証されます。

最近の流れは、

年金原資保証型 保険会社が定めた期間以上(最低10年が主流)運用した場合(または満期)
一時払保険料の一定割合を年金原資として保証する商品
年金原資100%の商品が主流となっています。

a) 運用成績がある一定の目標を超えた時点で運用ストップして、年金の受取が出来るタイプ
b) 最低保証額を目標を超えた時点で切り上げて、さらに運用を続行していくタイプ
c) 年金を受け取りながら運用を続けていくタイプ

受取総額保証型 年金による受取総額が、払込保険料相当額以上
になるように保証されている商品

※途中で解約した場合には、元本を割ることもあるので注意!

最後に気がかりなのは、手数料です。

□ 契約初期費用・・・一時払保険料から最初に数%差し引かれます。無料の商品あり
□ 契約管理費・・・払込保険料が一定以下の場合に差し引かれます。無料の商品あり
□ 運用関係費用・・・運用にかかる手数料で、資産総額の約0.5%~1%前後が主流
□ 保険関係費用・・・保険機能の手数料で、1%台?3%程度が一般的
□ 年金管理費・・・年金受取期間中に年金額の1%程度差し引かれます。

○年金受取総額最低保証タイプ
年金での受取りをお考えの方におすすめです。
年金受取総額が最低保証される額は、年数に応じて確実に増加していく商品もあります。

ご自分のリスク許容度に合わせて商品や運用のスタイルを選び、年金受取期間を決め
手数料を確認し、運用成績・運用実績を比較すれば、ピッタリの商品が必ず見つかります。

老後資金の準備を早く開始することが大切です。自分だけのセカンドライフために・・・

ご相談の予約へ

———————————————————————————————————————————–

あなたのマネー情報サイト開設! NEW!

bnr_lpn02

ライフプランシュミレーション や 公的給付金シュミレーション ですぐに計算が可能!
ぜひ一度ご覧下さい。

———————————————————————————————————————————–