◆老後資金・相続準備のための貯蓄保険・資産運用商品 NEW!

最近、年金制度などに関するニュースが多いためか、40代から50代はもちろん、20代から30代の若い世代も老後資金の準備の相談が増えています。まさに今、「自分の力で老後に備える自立型ライフプラン」が必要とされています。人生90年?自分年金を作って参りましょう!

公的年金の改正により、厚生年金の受給開始時期が段階的に遅くなり、また受給額も削減されるようになりました。そのため、現在40歳のサラリーマンと専業主婦の世帯では、60歳以降平均寿命までに受取る年金収入はおよそ5500万円ほどになります。一方生活費支出は、平均的な月25万円程度として、予備費も含めると8500万円程度になります。したがって不足する資金はおよそ3000万円になります。つまり60から65歳までに、退職金も含め3000万円の老後資金準備が必要となるということです。一方退職金は、大学卒の平均で一時金と企業年金とを合わせて約2500万円になっています。したがって、およそ不足の約500万円程度を別途準備することになります。

収入 5,500万円(平均寿命までの年金等)+ 2,500万円(退職金と企業年金等)
支出]  8,500万円(平均寿命までの生活費)
不足金額 ▲500万円 貯蓄型生命保険で準備してみましょう。
———————————————————————————————————————————–
———————————————————————————————————————————–
そこで預貯金より優れている商品をご紹介いたします!

貯蓄・資産運用・相続 に利用できる保険商品 】
(1) 長期定期保険・終身保険(全期前納可)
(2) 一時払終身保険/一時払養老保険
(3) 個人年金保険 ※ 円建、外貨建商品に分類することが出来ます。
(4) 変額個人年金保険/変額終身保険 ※ 円建、外貨建商品に分類することが出来ます。

※ 円建資産のみならず、ドル建資産など資産分散に心がけましょう!

———————————————————————————————————————————–

あなたのマネー情報サイト開設! NEW!

bnr_lpn02

ライフプランシュミレーション や 公的給付金シュミレーション ですぐに計算が可能!
ぜひ一度ご覧下さい。

———————————————————————————————————————————–

[備える] [貯める] [殖やす] の相談窓口
ファイナンシャルプランナー 塚田 壽廣

はじめに

カテゴリー

保険の種類

最近の投稿

運営会社
株式会社 ファイナンシャル・スクエア

保険貯蓄ナビ 浅草ROX店へ
・保険貯蓄ナビ 浅草ROX店
・保険貯蓄ナビ イーアスつくば店
・保険貯蓄ナビ Nexus

住宅金融支援機構:公式HP


  ずっと固定金利の安心【フラット35】


借入希望金額から返済額を計算
毎月の返済額から借入可能金額を計算
年収から借入可能額を計算
【フラット35】 らくらく診断

火災保険 スピード計算!
・火災保険 2分でスピード計算!!

0円住宅とは?

欠陥住宅110番

ライフプラン・公的給付金スピード計算!

海外旅行保険のお申込み、出発当日でもOK!

自動車保険のそんぽ24 保険料試算・申込みへ