地震保険はどこまで補償されるか? NEW!

◎地震保険はどこまで補償されるか? ≪引受保険会社:セコム損害保険、朝日火災海上≫

■必ず火災保険(居住用建物と家財それぞれ付帯に限ります)とセットで契約することになっています。

地震・噴火・津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失による損害を補償する地震保険は、昭和39年の新潟地震を受けて制定された「地震保険に関する法律」に基づき、政府と民間の損害保険会社が共同で運営しています。
補償対象は居住用建物と生活用動産(家財)で、工場や事務所専用の建物など住居として使用されていない建物は対象外です。又30万円を超える貴金属、骨董品などの贅沢品の被害も補償されません。
重要なのは、地震保険は単独では加入できず、火災保険とセットで契約するということです。火災保険の保険期間の途中からでも契約できる。東日本大震災後は地震保険への関心も高まり、「加入方法や補償内容に関する問い合わせが増えている」(損害保険会社)そうです。
地震は広範囲で被害が生じるため、保険金の支払額も膨大になる可能性が高いため、契約額も火災保険の30?50%の範囲内と決まっています。
※保険会社によっては100%まで加入できる保険会社もあります。
原則、契約額上限は建物が5,000万円、家財は1,000万円。

———————————————————————————————————————————–

支払い基準は全損、半損、一部損に区別され、全損の場合は契約金額の100%、半損は50%、一部損は5%が支払われます。ただし、地震発生日の翌日から10日を経過した後の被害については、地震との因果関係が明確でなくなるため対象となりません。
また液状化での建物被害も地震保険の対象となります。ただ、土台、柱、屋根などが損なわれていない場合は対象外となり、木造家屋が3度以上傾くと全損扱いとなります。

■基本的に地震保険の保険金は、
「全損(保険金額の100%)」
「半損(保険金額の50%)」
「一部損(保険金額の5%)」 
の3つの区分にしか分かれていません。

建物の地震保険金の場合、地震や津波により建物が完全に流失、倒壊、破損すれば、地震保険金額の100%が支払われることは容易にわかりますね。一方で、建物が半焼した場合には半損、また壁がひび割れるなど主要構造部に建物時価の3%以上の損害が生じれば一部損になるなど、鑑定によって該当する区分が判定され、保険金が支払われます。
但し、門や塀が壊れた場合はどうでしょう?門や塀も建物に含まれてはいるのですが、建物に対する地震保険金は、柱や壁といった建物の主要構造部の損害ないし、焼失・流失した床面積の損害が一定以上生じたことが要件になっています。したがって、門や塀が倒れたが、家そのものに損害がない場合には、保険金は支払われないことになりますのでご注意ください。

家財の地震保険金の場合、家財総額の10%以上30%未満の損害が生じている場合が一部損(保険金額の5%)の保険金の支払い対象となります。30%以上80%未満の損害の場合は、半損(保険金額の50%)の保険金が支払われ、80%以上の損害で、全損(保険金額の100%)扱いとなります。
但し、保険金の支払い対象となるのは生活用の家財に限られていますから、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝石・骨とう、通貨、有価証券(小切手、株券、商品券等)、預貯金証書、印紙、切手、自動車などの損害には保険金が支払われません。

———————————————————————————————————————————–

■地震保険の世帯加入率(共済は含まず)は地震を経るごとに上昇!

平成6年度末に9.0%だった加入率は阪神大震災後の8年度末には13.1%にアップ。新潟県中越地震後の17年度末には前年度比1.6ポイント増の20.1%に伸びています。
県別では愛知県が34.5%でトップ。今回の震災で甚大な被害があった宮城県は32.5%と全国平均(23.0%)を上回りましたが、岩手は12.3%、福島は14.1%に留まっています。

■東北6県の支払いは3割

日本損害保険協会によると、東日本大震災で個人への地震保険の支払い状況は4月27日現在で19万1663件、計約3,325億円。震災発生から1カ月半で阪神大震災(783億円)の約4.2倍に達しました。東北6県の支払い状況は6万4,653件、計約1,643億円。最も保険金が多かったのは宮城県の1,108億円。ただ、被害状況を確認する鑑定士の不足などで未調査案件は少なくありません。東北6県の受付件数(21万2,149件)の支払い割合は30%にとどまり、調査の進展で支払額がさらに膨らむのは必至だと思います。
地震保険では、損保会社が各社で出資した「日本地震再保険株式会社」(地再社)に対し、顧客と契約した全額を再保険に出し、地再社は政府と超過損害額再保険契約を締結することでリスクを分散。損害保険料率算出機構(東京)によると、1回の地震での支払限度額は総額5兆5,000億円に設定されているが、これは関東大震災レベルでも対応できる金額です。
民間側(地再社+損保各社)と国の支払い割合については、1,150億円以下は地再社が100%、1,150億円?1兆9,250億円は民間側と政府が50%ずつ、1兆9,250億円?5兆5,000億円は政府が95%、民間側が5%?と設定されており、巨額になるほど政府負担が増えます。
つまり、損保会社は地再社の再保険などから保険金を支払い、民間側の支払い能力を超えた部分については、政府が負担するという仕組みが、地震保険の最大の特徴です。
4月27日現在の支払額約3,325億円のケースでは、1,150億円までは地再社が全額負担し、それ以上の分を政府と民間側が50%ずつ負担しています。
地再社と損保各社で計約1兆円の準備金があり、政府の地震再保険特別会計にも政府責任準備金が約1.2兆円ある。1兆円規模とされる今回の支払い分はカバーできそうです。野田佳彦財務相は3月28日の参院予算委員会で、資金が不足すれば一般会計からの繰り入れで対応できるとし、「保険契約者には安心していただける仕組みだ」と強調しています。

——————————————————————————————————————————

◎ ラクラクWEB試算では、「ホームアシスト(家庭総合保険)」の保険料をWEB上で手軽に試算できます。保険のご加入を検討されている方、切替えを検討されている方は、この機会に是非一度、お見積りされてみてはいかがでしょうか。火災保険料がその場でわかるスピード計算!補償にナットク!保険料もナットク!

火災保険 スピード計算!

※ 2014年3月よりスタートした「ホームアシスト ラクラクWEB試算」は、たった2分で火災保険の保険料見積もりが可能です。大変、ご好評をいただいており、2015年1月時点で月間利用者数が5千人を超えております。そのままお申込みいただくこともできますので、是非一度、お試しください。【朝日火災】

——————————————————————————————————————————

● Resta(リスタ) 地震被災者のための生活再建費用保険 SBI少額短期保険 単独加入OK!

◆ 人生の3大出費は、「住宅」「教育」「老後」 です。
将来の収入や貯蓄などを踏まえた上で、ご自身の夢に向けて最適なライフプランを立ててみませんか?ファイナンシャルプランナーによるライフプラン・ファイナンシャルプランを作成するお手伝いをさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
要予約

[備える] [貯める] [殖やす] の相談窓口
ファイナンシャルプランナー 塚田 壽廣

浅草ROX店
イーアスつくば店
西武筑波店
保険貯蓄ナビ Nexus-ネクサス (資産運用・相続・ライフプラン・住宅ローンのご相談)
SBIモーゲージ/SBIマネープラザ イーアスつくば店 (住宅ローン【フラット35】のご相談)

浅草ROX店? 422799_395876690429571_2027491104_n

( 浅草ROX店 / イーアスつくば店 / 西武筑波店 )

Nexus セミナールーム 相談カウンター 正面エントランス

( 保険貯蓄ナビ Nexus-ネクサス )

正面エントランス(メディカルコート内) イーアスつくば店内 表示サイン

( SBIモーゲージ/SBIマネープラザ イーアスつくば店 )

logo2(運営会社)株式会社ファイナンシャル・スクエア

お問い合わせは029-861-7433

はじめに

カテゴリー

保険の種類

最近の投稿

運営会社
株式会社 ファイナンシャル・スクエア

保険貯蓄ナビ 浅草ROX店へ
・保険貯蓄ナビ 浅草ROX店
・保険貯蓄ナビ イーアスつくば店
・保険貯蓄ナビ Nexus

住宅金融支援機構:公式HP


  ずっと固定金利の安心【フラット35】


借入希望金額から返済額を計算
毎月の返済額から借入可能金額を計算
年収から借入可能額を計算
【フラット35】 らくらく診断

火災保険 スピード計算!
・火災保険 2分でスピード計算!!

0円住宅とは?

欠陥住宅110番

ライフプラン・公的給付金スピード計算!

海外旅行保険のお申込み、出発当日でもOK!

自動車保険のそんぽ24 保険料試算・申込みへ